TOPページ > こだわりの製法

こだわりの製法

baうどんの本場・讃岐が守ってきた昔ながらの伝統の味を、さぬき麺心はこだわり続けます。
我々は、本物の味だけを皆さまにお届けします。

麺心のこだわりその1 粉(小麦粉)

小麦粉

うどんのコシと食感にこだわっています。
独特のモチモチとした粘りとツルツルとしたのどごしの良さ。厳選された原料を吟味し使用しています。

 

麺心のこだわりその2 水(米国国防総省開発 マグユニット)

水磁気波動による水処理を施した浸透圧の高い、磁気波動水を使用しています。この水は細胞膜に浸透しやすい、粒子の小さな水であり、うどんの熟成を促成するとともに、今話題になっている過剰塩素・トリハロメタン・微生物も除去・抑制いたします。

 

麺心のこだわりその3 塩(天然海水塩・讃岐の塩)

塩香川は古来より塩の産地として有名であり、海岸端には、塩田が並んでいました。瀬戸内海の海水を精製したミネラル分たっぷりの自然塩(讃岐の塩)を使用しています。

  

麺心のこだわりその4 伝統の製法(讃岐のうどん造りを忠実に守ります)

1.綾折り製法   (一部商品)
通常、縦方向しかないグルテン(コシ)を、麺をタテヨコに重ねてうどん生地造りをすることにより、網目状にグルテン(コシ)が作られ、手打ちうどんの風味と強いコシが生まれます。

2.多加水熟成  (一部商品)
できる限り多くの水(多加水)にて、商品作りしておりますので、グルテン(コシ)の親和がスムースに進み、麺線のしっかりしたコシのあるうどんができます。

3.包丁一本切り  (一部商品)
うどん生地を切り出すとき、生地に余計な圧力がかからないよう、1本1本包丁にて切り落としていますので、完全な手打ちうどんに近い仕上がりになります。

こだわり画像1  こだわり画像2

TOPページ新商品おすすめ調理例商品のご案内讃岐うどんって?こだわりの製法よくある質問会社概要アクセスマップリンク集お問い合わせ社員専用